寝屋川生野病院 O.N.
2021年度新卒入職 / 救急外来

どのような部署でどのような役割を担っていますか?

病院の救急救命士として所属し、救急隊からの収容依頼を医療へと繋ぐ役割を担っています。
医療職と円滑なコミュニケーションを取り救急処置室の効率化を図り、より多くの患者様に必要な医療・治療を提供する事です。

仕事をする上でたいせつにしていることは、病院搬送後の観察やアセスメント法、各種データや画像の捉え方、医療機器の使用方法など病院内で活躍し続けられるための知識を日夜、勉強に励む事です。
そして、救急救命士をもっと知っていただき活躍の場を広げていきたいと思っています。

象に残っているエピソード

急性心筋梗の患者様の治療に携わり、その後、社会復帰が出来たと分かった時です。
救急救命士として、病院で働くことの強みは救急搬入から治療まで患者様に携われる事だと思います。
患者様のその後が分かるので、仕事のやりがいも大いに感じています。

Entry

看護職員の一人ひとりが専門職としてやりがいを感じ、
ワークライフバランスを考え、笑顔でイキイキ働ける環境作りに努めています。
地域に根差した医療を一緒に目指していきませんか。